フェイスリフトの効果の持続性と年齢制限について

顔のアンチエイジングとしてとても効果があると言われている「フェイスリフト」ですが、実際に手術を行うとなると様々な疑問が出てくる事があると思います。
例えば、その効果の持続性や年齢制限等です。
こうした不安を解決する為に効果の持続性や年齢制限について調べてみました。
■リフトアップに関する手術を受けるとその効果はどれくらい持続するのでしょうか
切る手術を受けた場合は、たるみを1センチ強程度取り除くことが出来ると言われています。
その場合は、取った部分のたるみは、たるみの少ない状態をほぼ一生涯維持する事が出来ると言われています。
しかし、別の部分にたるみが生じた場合には、その部分を再度処置しなければならなくなるので、部分的にたるみの手術をした場合は、全体のバランスを考える事が必要になってきます。
■年齢制限について
基本的にはリフトアップ対する手術の年齢制限は無いと言われています。
個人差のある事ですので、一概に全ての方に当てはまると言うわけではありませんが、たるみやしわが気になるようになってくるのは40代ごろが多いようです。
その40代にリフトアップの手術を行うと言うのも良いですし、もっと若い世代のうちに予防的に手術を行うと言うのも1つの方法です。
たるんでから手術を行うのと、少し気になる程度で手術を行うのではさほど差があるようには感じられないと言われていますが、いくつになっても美しいフェイスラインや若々しい表情を維持したいのであれば、たるみやしわが気になりだした時に手術を行う事が良いのではないかと言えます。
若い世代の場合は、切らないリフトアップを選択する方も多いそうで、いわゆる糸による施術を受ける方もいらっしゃるそうです。

関連する記事